Taylor Anderson Memorial Fund

Taylor Anderson was the first confirmed American casualty of the March 11, 2011 tsunami in Japan. As part of the Japan Exchange and Teaching (JET) Programme, Taylor spent two and a half years teaching English to kindergarten, lower school and junior high school students in the coastal city of Ishinomaki of Miyagi Prefecture. She was last seen helping and assuring her students after the disaster.

The main purposes of the Fund are to help students, schools and families in the Ishinomaki area recover from the earthquake and tsunami as Taylor’s family expects Taylor would have wanted, and to pursue Taylor’s dream of being a bridge between the U.S. and Japan.

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

TAMFに毎年、収益金を寄付している「義援金セミナー」が10月16日、東京・赤坂の紀尾井フォーラムで開かれ、藤崎理事長が「米中対立と日本」と題した基調講演をし、高成田享専務理事がTAMFの紹介をしました。このセミナーは東日本大震災の復興支援のため2011年から年1回、開催しているもので、TAMFは2017年から支援を受けています。 ...

TAMFに毎年、収益金を寄付している「義援金セミナー」が10月16日、東京・赤坂の紀尾井フォーラムで開かれ、藤崎理事長が「米中対立と日本」と題した基調講演をし、高成田享専務理事がTAMFの紹介をしました。このセミナーは東日本大震災の復興支援のため2011年から年1回、開催しているもので、TAMFは2017年から支援を受けています。